読者投稿

シパタイ日記【読者投稿】Vol.2

投稿日:

タイの女性との関係

僕が初めてタイの女性と関係したのはもう29年前、父の仕事に同行してバンコクに行ったときでした。

当時はまだ、20歳でした。

父が仕事をしている間、仕事相手の息子さんとバンコク観光をしていました。

午後の3時位に観光で疲れたし汗を流しに行こうと言われたので、言われるがままに大きな建物に連れて行かれました。そこに入るとひな壇に大勢の女性が座っていてとても驚いたのを覚えています。

その中から選びなさいと言われたのですが戸惑ってしまい選ぶのに躊躇してしまいました。

そしたら係の男性が勝手に選んであてがわれてしまいました。

なんせ、女性とそういうことをするのが初めてなのですごく緊張していました。

部屋に入ると相手は僕の服を脱がせて自分の服も脱ぎました。

その時点で僕のモノはこれ以上立たないというくらいの状態でした。

女性がお風呂の準備をしている後ろ姿をずっと凝視していました。

お風呂が一杯になると女性に促されてバスタブに横になりました。

女性は体をボディーソープで洗ってくれたのですが、もうその時点でいきそうになってました。

女性が泡を手に取り僕のモノを洗ってくれたそのときに気持ちよすぎてそのまま果ててしまいました。

女性は「ダイジョブ」と優しく声をかけてくれました。

お風呂が終わり、ベッドの上で女性がマッサージをしてくれましたが、若かったせいもあってすでにモノは復活していました。

どうしたらいいか分からないでいると女性がゴムをかぶせてくれて、仰向けになっている自分の上に跨ってきました。初めてのことだったので1分もしないでまた果ててしまいました。

そのことがすごく恥ずかしく感じました。

その後、女性は添い寝をしてくれて優しく体を撫でてくれました。そうしているうちにまた復活しました。

流石に3回目ということもあり、それなりにはできたと思いますが、5分位でいってしまいました。

これが僕とタイの女性との初めての関係です。

その後、大学を卒業して父の家業を継いで仕入れ担当になったのは28歳のときでした。

それから今までの20年以上、年に5~6回、タイに出張で来ています。

最初にタイに彼女ができたのは30歳くらいだったと思います。

某MPで働いていた女性です。携帯電話を買ってあげたり送金したりと結構貢ぎました。

自分だけが彼女だと思っていたのだと思いますが、バンコクに行くたびに会うことを重ねました。

3年くらいは付き合ったと思いますが、ささいな喧嘩で別れてしまいました。

その後、仕入先をチェンマイに変え、バンコクは出張の最後の一泊だけでほとんどチェンマイに滞在していました。

チェンマイで知り合ったのはたまたま入ったレストランのビールの売り子の女性です。

足が長く背がスラーッと高い北部女性らしい色白の女性です。

大学生でアルバイトでビールの売り子をしていました。

そのレストランに頻繁に通うようになると冗談を言い合えるくらいまでに仲良くなれました。

そのうち、自分の友だちや彼女の友達を交えてグループで食事に行ったり飲みにいったりするようになりました。

すると彼女の方から恋人になりたいと言われ、正式に付き合うことにしました。

出張で僕がチェンマイに行くときは当時事務所代わりに借りていたコンドミニアムに半同棲みたいな形で会っていました。

しかし最初は気のせいだと思っていたのですが、部屋に置いておいた物が消えたり、お金がなくなったりすることが頻繁に起きるようになり、疑いたくなかったのですが問い詰めたところ盗んでいたことを白状されました。また、僕の他に彼氏がいて二股を掛けていたことも発覚しました。悲しみと怒りが同時に起こり出ていってとしか言えませんでした。

そんなことをグループの友達に話したところ、彼女はグループから孤立してグループのみんなも自然と合わなくなってしまいました。

そんなことがあってからしばらくタイの女性が信用できなくなり恋愛対象として見れなくなりました。

自分が35歳になったとき、取引先の日本の銀行の行員を紹介され結婚しました。

その後もタイの出張は続いているのですが、7,8年前に日本で投資でまとまった金を手に入れました。

自分の婚前からの資金を投資していました。その儲けた金で、バンコクでコンドミニアムを3部屋、チェンライでコンドミニアムを更に2部屋買いました。それを貸しているだけで毎月約80,000バーツの家賃収入を得られるようになりました。

そうなると自分の中の悪い虫が騒ぎ出します。

チェンマイで女子大生が集まるという飲み屋に友人と入り浸るようになりました。

今はそこで知り合った女子大生と合コンをしたりお小遣いをあげてつまみ食いをしたりして楽しんでいます。特定の彼女を作るよりもお金はかかりますが自分にはこの遊び方が合ってると思います。

また今月も女の子を集めてパーティーをする予定です。

これが僕のタイの女性との関係です。

マハナコーン  様より

  • この記事を書いた人
survive30's

シパタイ

このサイトは、2014年9月~2016年9月までのおよそ2年間に渡って、わたくし、シパタイが運営しておりました『タイで起業や就職をするも失敗続きな男のブログ』の続編ブログです。ちなみに、過去の自分史については多少加筆修正し、『自分史リターンズ』として再編集の上、当ブログにて掲載中です。それではみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

-読者投稿

Copyright© シパタイ日記 , 2019 All Rights Reserved.